JAの事業|鹿児島きもつき農業協同組合

JA鹿児島きもつき

JAの事業

JAの事業

信用事業(JAバンク)

信用事業は、貯金、貸出、為替などいわゆる銀行業務といわれる内容の業務を行っています。この信用事業は、JA・信連・農林中金という3段階の組織が有機的に結びつき、「JAバンク」として大きな力を発揮しています。

共済事業(JA共済)

JA共済は、JAが行う地域密着型の総合事業の一環として、組合員・利用者の皆様の生命・傷害・家屋・財産を相互扶助によりトータルに保証してまいります。専任渉外(LA)を中心とした高度な専門性と十分なサービスを提供し、これからも皆さまの暮らしのパートナーとして安心をお届けします。

購買事業

購買事業移動販売車

移動販売車

JAの購買事業とは、JAが組合員に肥料、農機具、飼料等の生産資材や生活資材をできるだけ安く、良質なものを安定的に供給しようとするものです。

購買事業は大きくは2つに分かれます。ひとつは、肥料、農薬、飼料、農機具等、組合員の営農活動に必要な品目の供給を行う生産資材購買です。もうひとつは、食品、日用雑貨用品、耐久消費財等、組合員の生活に必要な品目を供給する生活資材購買です。

組合員からの予約注文を受け、スケールメリットをいかしてメーカーと交渉し、低価格・安全・良質の資材を提供することが中心ですが、JAグループ自ら生産して組合員に供給することもあります。

また、経済連・Aコープとの連携強化を図り、宅配弁当事業の普及拡大や、移動販売車による食料品等の生活必需品の提供を行い組合員・地域住民が地域生活をおくるうえで必要な生活支援を行っております。

園芸農産・畜産事業

園芸農産・畜産事業園芸農産・畜産事業

園芸農産・畜産事業は、農業を経営する組合員の農業経営の改善、生活の向上へ研修や営農技術・農業経営を指導し、地域における総合的な農業生産力の維持・向上をはかっていく指導事業と、より高い農業収入を上げることを目的とした生産物を共同で販売する事業です。

新たな農政改革への取り組み強化を第一に考え、きもつきブランドの産地としての「安心・安全」な農産物・畜産物の推進を展開していきます。

肉用牛の大規模繁殖経営における分業体制

当JAでは、繁殖牛部門、哺育・育成部門、飼料部門という肉用牛生産に関するすべての作業を行う自己完結型の経営から、それぞれの部門を分業化し、部門ごとの生産性向上、効率化および省力化等を目指した経営に取り組んでいます。

当JAの子会社「きもつき大地ファーム㈱」では、繁殖牛の飼養管理、人工授精、ICTを駆使した分娩管理を行い、子牛は生後10日齢を目安に、哺育・育成センター(県経済連)に移動させます。
哺育・育成センターでは、約50日間、人工哺育し、群飼いに慣れさせ、生後8~9ヵ月齢の子牛出荷まで管理します。
大地ファームで給与している飼料は、当JAの「TMRセンター」で調製しているもの。TMRセンターは、地域内の4つのコントラクター組織から粗飼料を購入し、地域内の粗飼料100%調達を実現しています。さらに、当JA新西南でん粉工場から、甘しょでん粉粕を有効活用し、飼料費の低減を図っています。

これらの体制や取り組みが、日本の畜産業の模範となる先進的な事例だとして、(公社)中央畜産会が主催する全国有料畜産経営管理技術発表大会(2018年度)において、最優秀賞に選ばれ、農林水産大臣賞、中央畜産会長賞、地方競馬全国協会理事長賞を受賞しました。

肝属中央家畜市場

日本一の和牛産地を支える家畜市場です。子牛、成牛、育成牛のセリを行っています。

肝属中央家畜市場について知りたい

  • JAグループ鹿児島総合ポイントカード
  • 組合員加入のご案内
  • JAネットバンク
  • JAネットバンク口座開設
  • みんなのよい食プロジェクト
  • JAグループ鹿児島
ページトップへ