JA鹿児島きもつき

JA鹿児島きもつき

畜産(肉牛、豚)

 畜産王国である鹿児島県で、もっとも畜産が盛んな大隅半島。
 大隅半島の雄大な自然の中で育った牛や豚を紹介します。

鹿児島黒牛

鹿児島黒牛

鹿児島黒牛

かごしまブランド

本土最南端の鹿児島は日本一の和牛生産地!!

 日本一を誇る鹿児島黒牛の特徴は、きめ細やかな柔らかい肉質とバランスよく織り込まれた霜降り(サシ)にあります。
 口に入れれば、とろける様な食感の中にまろやかなうま味とコクが口中に広がります。
 温暖な気候で育てられる鹿児島黒牛は、一頭一頭丹精を込めて育てられその肉質は日本のみならず海外でも高い評価を頂いています。
 日本では牛は有用家畜として長い間食用とはしてきませんでしたが、江戸時代に外国人に影響されて食べ始め、大正時代には日常的に食するようになりました。
 当時は羽島(はしま)牛、加世田牛、種子島牛などが県内で栄えており、これらの牛に改良に改良を重ねて生まれたのが現在の鹿児島黒牛です。

JA鹿児島経済連 鹿児島黒牛ページへ

鹿児島黒豚

鹿児島黒豚

黒豚

かごしまブランド

日本一の飼育頭数を誇る鹿児島黒豚

 400年以上の歴史をもつ黒豚は、日本三名園の一つ偕楽園を作った水戸藩主徳川斎昭に「いかにも珍味、滋味あり、コクあり、なにより精がつく」といわしめ、明治維新の立役者、西郷隆盛もこよなく愛したと言われています。
 鹿児島黒豚の肉質は、筋繊維が柔らかいため歯切れがよく、肉質もしまりがあり、さっぱりとした食感が特徴です。またうま味の含有量も多く、脂肪の融点が高いために脂がベトつくことがなくサッパリしています。
 その理由として、鹿児島の特産品でもあるさつまいもを配合した飼料を与えることが鹿児島黒豚の美味しさに一役買っています。
 鹿児島の温暖な気候の中でさつまいもを配合した飼料を与えられすくすく育った鹿児島黒豚は
 まさに鹿児島の歴史とともに育ってきたと言えるでしょう。

JA鹿児島経済連 鹿児島黒豚ページへ

茶美豚(チャーミートン)

茶美豚(チャーミートン)

鹿児島黒豚に続く新ブランド!!ヘルシーなお茶成分が豚肉を美味しく健康にしました!!

 お茶に含まれている「カテキン」と「さつまいも」が入った専用飼料を与えられて育った豚が「茶美豚」です。
 カテキンの効果である抗酸化作用や消臭作用、さらに専用飼料にカテキンの抗酸化能力を高める効果があると言われるビタミンEを強化しているため、肉の鮮度を保ち、臭みの少ない豚肉になっています。
 またうま味成分である「イノシン酸」が多く含まれておりとてもジューシーな豚肉になっています。

JA鹿児島経済連 茶美豚ページへ